読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぐに行動を起こすのは正しい??

f:id:hantenakun:20160814200521j:plain

 私は何か始めようと考えた時に、これまでは必ず躊躇していました。それはこれから始める物事に対して、成功イメージよりも失敗のイメージを考えてしまっていたからです。

みなさんはどうでしょうか?思いついたことをすぐに行動に移せていますか??

「進路をどうしようか」「仕事を転職したい」「家を引っ越したい」

例えば、この様に感じた時にどうしていますか??

「兎に角すぐに行動に移すことが大切だ」という人がいます。「行動に移さないと何も始まらない、成功した人達はみんなすぐに行動を起こしている」と言います。

本当にそうでしょうか??凄く疑問に感じますよね??この後話す行動に対しての感じ方で、すぐに行動を起こすことが正しいかが見えてきます。

失敗に対しての向き合い方

f:id:hantenakun:20160814200415j:plain

私はある時に、資産運用をしてお金を増やしたいと思いました。その時「すぐに行動を起こすことが全てだ」という言葉を信じて、すぐに証券会社に口座を開設しました。

特に何もわからずに、有名銘柄の株を購入しました。操作方法の知識もほとんどない状態で購入した株は、すぐに下落をして大きく損を出してしまいました。

あなたは私と同じような境遇にあった時どう思いますか??

きっと、すぐに始めたから失敗した、勉強もっとが必要だったと思いませんか?そしてすぐに入門書の1つでも買いに行くことでしょう。そして知識をつけて再チャレンジ!!これが出来れば、まだマシです。大概の人は失敗を経験しているので、難しい勉強を始めると「自分にはやっぱり無理だった」と投げ出してしまうのです。

このことから「すぐに行動に起こさずに、まずはじっくり考えよう」になるわけです。

でも、これって失敗の後の行動1つで、大きな差が生まれるんです。

 

例えば、損を出してしまった時に「なぜ??」と考えますよね。その結果「勉強が足りなかった」ことに行き付いたと思います。そこで前述した人の様に基礎から学ぼうでは失敗の道を進んでしまいます。

そんな時にどうするのか?もっと詳細まで原因を考えるのです!!!

例えば、今回の例でどのような知識があれば成功したかを考える事です!!そこだけを学べばいいのです!!!この値段の時に買ったのがダメだったのか、すぐに売って損を確定したのがよくなかったのか原因は必ずあるはずです。そして、1つだけ言えることは、入門書には「あなたが今回なぜ失敗したのか」は絶対に書いてありません。

それなのに入門書を隅々まで読んで基礎からじっくりとなると、時間もかかるし精神的にも難しいです。そして失敗についての原因追及が出来ていないので、きっとまた同じ失敗をするでしょう。

運良く体験談や失敗例で同じ境遇の事を見つけられることもあるでしょう。でも私が自分自身で体験して1つ言えることは、自分で体験していない失敗は身につかないのです。みなさんも自分に置き換えて、考えてみて下さい。「こうしなさい」「あーしなさい」じゃないと失敗するといわれて、身になりますか??自分で失敗して、これが良くなかったとしっかり反省できた時に自分の身になったと思いませんか?

行動をすぐに起こす時は原因追及を忘れるな!!

だから「行動をすぐに起こすこと」は間違いじゃありません。ただし成功してる人がやっているからではなく、反省と原因追及をしないと意味がありません。

「行動をすぐに起こすといい」ではなく、正しくは「行動をすぐに起こして、反省と原因追及を忘れるな」これが本質なのです。