読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの買い物が知らない誰かを支えている~デフレについて知ろう~

f:id:hantenakun:20160814212216j:plain

私も皆さんも無意識に「買いもの」していますよね?これが経済においてどのような働きをしているかを知っていますか?

おーっと!!「経済」という言葉を出すとすぐに拒否反応を起こしてませんか???

経済=難しい

この図式は今日で捨てて下さい!!簡単に小学生の子供でも分かるように、あなたの買い物が経済においてどのような働きをしているかを説明しますので、興味のある方は是非お読みください。

あなたのお金はどこからやってきた??

f:id:hantenakun:20160814212348j:plain

今あなたが持っているお金ってどこからきたか解りますか??

わかりませんよね??あなたのお金もお肉を買えば、肉屋さんのモノになり、肉屋さんも魚を買えば、魚屋さんのモノになります。

そう!!私がここで言いたいことは「お金は世の中をぐるぐる回っている」というこです。

では、お金をみんなが使わなくなるとどうなるでしょうか??

デフレーションが起きる

みなさんも、デフレやデフレーションという言葉を聞いたことはありませんか??これは、みんながお金を使わなくなっている状態の事を言います。

前述したように【お金】は世の中をぐるぐる回っています。もしもその時に、あなたがお金使うのを止めてしまったらどうでしょう??

そして以外にも、お金を使わない場面って日常で沢山あるんです。

例えば、1万円の洋服が8千円で売っていたとします。安くなっているのは間違いありません。しかし【もう少し安くなってから買おう】や【5千円になったら買おう】などもう少し安くなるであろう洋服は、すぐには買いませんよね??

そう【節約】という奴です!!

他にも【隣のお店の方が安い】【セールの時だけ買おう】このように節約といった形でお金を使わない時ってあると思います。私たちにとっては、安く買いたいと思うのは当前のことですよね??

でも、これが【デフレ~お金を使わない~】引き金になっているのです。

 

※この後少し複雑な計算が出てきますが、解らない人は読み飛ばして頂いて結構です。まとめに記載されていることだけ、今回は理解してください。

 

お店の立場を知ろう

f:id:hantenakun:20160814212521j:plain

8千円で買ってきた洋服を1万円にて販売しました。すると中々売れずに8千円に値下げしました。これでも売れない場合、お店は更に値下げをするしかありません。どんどん値下げをしていき、5千円で売れたとします。するとお店は3千円損したことになります。

 

商品を売った金額(5,000円)-洋服を買ったお金(8,000円)=-3,000円

 

こうなるとお店はこの洋服を買ってきて、また売ろうと思いませんよね??結果、買うというお金を使うことをしなくなります。

洋服を作った工場の立場をしろう

1着5千円の材料で洋服を10着作りました。そして8千円でお店に5着売りました。しかし、残りの5着は買って貰えませんでした。残ってしまった商品がごみとなってしまった場合、工場は5千円損したことになります。

 

材料(5,000円)× 10着=50,000円

商品を売った金額(8,000円)× 5着=40,000円

 

商品を売った金額(40,000円)-材料(50,000円)=-10,000円

 

まとめ

f:id:hantenakun:20160814212615j:plain

わかりましたか??今回の例だと、あなた以外の人が損をしたことになります。あなたが値下げをまったり、安いお店ばかりを求めていくと回りの人が損をすることになります。

しかしここで重要なことは、あなたも実は損をすることになるのです。

洋服を作っている工場にあなたが勤めていたとすると、給料が減らされたり、リストラにあうかもしれません。工場でなくても材料を作っている会社に勤めていたとしても同じです。

つまり、【あなたがお金を使わなくなる】とみんなが損をするのです。

これがデフレやデフレスパイラルと呼ばれる状態です。

なので、あなたが買い物をするということは、知らない誰かの生活を支えているのです。そして知らない誰かがあなたの生活も支えているのです。