読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みに行きたい 首都圏 おすすめ 遊園地【よみうりランド】

夏の遊園地と言えば、よみうりランド

 

f:id:hantenakun:20160527010604j:plain

出典:http://www.yomiuriland.com/

某夢の国にも負けない【よみうりランド】をみなさんは知っていますか? 都内近郊にお住まいの方でも、結構行った事が無い人が多いんですよ。でも、よみうりランドは大観覧車やジェットコースターはもちろん、他の遊園地にはない施設が盛りだくさんなんです。

春には1000本以上の満開の桜、冬にはイルミネーション、そしてお待ちかねの夏には【プール】こんなに凄い遊園地を他に知っていますか?ただ、よみうりランドにも弱点があるんです。それは、かわいいイメージキャラクターが居ない事です。

でも、そんな弱点すら忘れさせてくれる、新施設が2016年オープンしました。

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 ・2016年 新施設 グッジョバ!!

 ・夏といえば、やっぱりプール

 ・遊園地のアトラクションも充実

 ・バンジージャンプ

 ・アクセス方法

 

2016年 新施設 グッジョバ!!

日本最大のモノづくりが体感できる新エリアが、2016年3月にオープン。みなさんも知っている「日清食品」「NISSAN」「ALSOK」などの有名企業が手掛ける
新施設にはワクワクやドキドキがいっぱい。今回はその中でも私が厳選した、3つを御紹介いたします。

フードファクトリー スプラッシュUFO

このアトラクションは、日清焼そばUFOの製造工程と調理工程を体感できます。この説明だとわかりにくいですね??あなたがUFOの具になると考えてください。
時にはお湯をかけられ、時には冷やされ、普段絶対に体感できない「焼きそばの気持ち」を感じられるアトラクションです。

もちろん、それだけではありません。悪者ケトラーと戦闘など、スリリングな要素も盛り沢山です。
是非、おいしい焼きそばになってみてください。

カーファクトリー カスタムガレージ

アトラクションの乗り物って通常は用意されていますよね?でもこちらの「カスタムガレージ」は違います。なんと自分でパーツを組み合わせて、乗り物を作っちゃうんです。
そして、自分で作った乗り物で走行をするという新しいアトラクションの形なんです。作るなんて大げさと思われるかもしれませんが、なんとデザインパターンは50万通りもあるんです。
子供だけでなく、大人もこだわって作ってしまうこと間違いありません。是非あなたも、オリジナルの乗り物を作っていませんか?

ファッションファクトリー スピンランウェイ

女の子はもちろんですが、男の子も一度はファッションショーにあこがれた事、あるんじゃないですか?このスピンランウェイであなたのその夢を叶えましょう。
洋服の製造工程やコーディネートに夢中になっていると、最後には大変なファッションショーが起きますよ!!ここで言えることは、日本で初めてらせん状のスパイラルリフトを採用したアトラクションという事だけ、お伝えしておきましょう。

目次にもどる

 

夏といえば、やっぱりプール

やっぱり、夏といえばプールですよね。そんな願いもよみうりランドは叶えてくれます。【夏季限定 プールWAI】がオープンします。(2016年は7月1日スタート)プールWAIは、5種類のプールと3種類のスライダーが用意されており、東京に居ながらリゾート気分を満喫出来ちゃう施設です。

オススメプールはダイビングプール

 

f:id:hantenakun:20160527010724j:plain

 出典:http://www.yomiuriland.com/wai/pool/index.html

波のプールや流れるプールなどは、どこのプールに行ってもありますよね?それではよみうりランドまで、わざわざ行く意味がありません。よみうりランドにはダイビングプールがあるんです。普通のプールでは怒られてしまう、飛び込みもこのプールならやり放題です。それも、なんと最大2メートルの飛び込み台からジャンプすることも出来ちゃうんです。

ジャイアントスカイリバー

 

f:id:hantenakun:20160527010830j:plain

 出典:http://www.yomiuriland.com/wai/pool/index.html

ジャイアントスカイリバーは、スライダーの1つです。おすすめの理由は高さ24.5メートル、長さ386メートルもあるロングスライダーなのです。通常のスライダーでは、物足りない人にはもってこいです。4人乗りのゴムボートでの滑走なので、体重差があると更にスリリングを体感できます。

≪注意≫このアトラクションは1回600円かかります。なので、利用される人は、何回でも乗れるワンデーパスの利用をオススメします。

目次にもどる

【スポンサーリンク】
 

 

遊園地のアトラクションも充実

よみうりランドといえば、やっぱり定番遊園地のアトラクション!!

バンデット【ジェットコースター】

 

f:id:hantenakun:20160527010924j:plain

 出典:http://www.yomiuriland.com/wai/pool/index.html

最高時速110kmで1,560メートルを駆け抜けるジェットコースター型アトラクションです。このアトラクションの魅力は、なんといっても景色なんです。「え??ジェットコースターで景色??」と思いますよね??安心してください。スリルがないわけではありません。ジェットコースターといえば初めの登っていく時が、一番ドキドキしますよね。その時に都会の高層ビル群や富士山を眺めることができるんです。素晴らしい風景に見とれていると、、、あとは言わなくても解りますよね?

更にバンデットには、夏特別バージョン【スプラッシュ バンデット】が存在します。51mからの落下の最中には、物凄い勢いでの水のスプラッシュ!!夏の暑さも一瞬で吹き飛んでしまいます。その他にも、乗客目掛けての水鉄砲が出来るポイントなども用意されています。絶叫アトラクションが苦手な人や、小さなお子様でも【スプラッシバンデット】なら楽しめること間違いありません。

期間:7月16日~9月11日

ループコースター

 

f:id:hantenakun:20160527011011j:plain

 出典:http://www.yomiuriland.com/wai/pool/index.html

このアトラクションは名前の通り、360度回転するジェットコースター型アトラクションです。360度回るだけなら他の遊園地と一緒ですよね?よみうりランドは他と違います。なんと【立ったまま】乗ることが出来るんです。ジェットコースターに立って乗れるのは、新しいですよね?でも意外と足が踏ん張れるようになるので、ジェットコースターが少し苦手な方にもオススメです。

わんデット

 

f:id:hantenakun:20160527011100j:plain

 出典:http://www.yomiuriland.com/wai/pool/index.html

バンデットを夢見る子供たち向けのジェットコースター型アトラクションです。このアトラクションの魅力は、お子様はもちろんですがジェットコースターが苦手な大人でも乗ることが出来ます。私が来園した際も、おお子供向けとは感じられない程の多くの大人の人が乗っていました。

この他にも、フリーフォール2種類、360度回転するバイキング型アトラクション、身体を使ったアスレチック型アトラクションなど数多くあります。もちろん、子供向けのアトラクションも他の遊園地と比較すると、とても多いです。今回紹介したい気持ちは山々ですが、来園時のお楽しみにとっておきましょう。

目次にもどる

 

バンジージャンプ

 

私がよみうりランドと言ったら、やっぱりこれですね!!高さ22メートル、ビル約7階の高さからゴム製のコードをつけてのバンジージャンプ。フリーパスでも別料金(900円)かかりますが、絶叫好きの人には絶対オススメです!!一見地上から見ると高くは見えませんが、実際登って下を見るとかなりの高さがあります。

頂上で飛ぶのをためらう人達を何人も見ました。女性の人だと10分以上飛べない人もいらっしゃいましたね。最後にはみんなで応援して、一体感が生まれていました。普段バンジージャンプなど絶対経験できませんし、都内でもよみうりランドでしか経験出来ません。是非この機会にお試しください。≪男性の方は、安全上の器具の都合で多少大切な個所が痛みます≫

目次にもどる

 

アクセス方法

【電車の場合】

京王線小田急線を使った経路がありますが、京王線とゴンドラを利用することをオススメします。ゴンドラからの景色もよみうりランドの魅力の1つなんです。私は車での来園が多かった為、ゴンドラを利用することはありませんでした。

しかし、春先に桜の中をゴンドラで通りながらよみうりランドに付いた時の感動は今でも覚えています。夏場は無理してゴンドラに乗ることもありませんが、電車でお越しの方は騙されたと思って利用してみて下さい。

詳しいアクセスの仕方は下記のサイトをご覧下さい。

www.yomiuriland.com

目次にもどる