読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み 首都圏 おすすめ スポット【準備編】

備えあれば憂いなし

f:id:hantenakun:20160525001456j:plain

夏休みになると、普段やりていないことや、行きなれていない場所に行くことが多いですよね?そんな時しっかりと準備をしていないと、100%楽しむ事ができません。そんな事がないように、本日はお出かけ前の準備について御紹介いたします。

 

【スポンサーリンク】
 

川で遊ぶ編

f:id:hantenakun:20160525001520j:plain

夏休みになると川や渓谷を訪れる機会があると思います。ラフティングや川釣り、BBQなど楽しいイベントが盛りだくさんですよね?でも、しっかりと準備をしておかないと大変な事になってしまいますよ。

【服装の注意】

川遊びの際は、コットン素材の服はなるべく避けましょう。コットン素材は濡れると重くなり、体温を奪ってしまいます。もしも川に落ちてしまった時の為に、Tシャツなどの着替えは複数枚用意しておきましょう。靴はかかとの無いサンダルは避けましょう。かかとの無いサンダルだと、川は岩場やぬかるみなどが多いため脱げて流されてしまう危険があります。

【必需品】

防水グッズ・・・これは必ず必要になります。最近ではSNSの写真を撮るために携帯電話を川まで持って行かれる人がたくさんいらっしゃいます。しかし、楽しさのあまり手が滑って携帯電話が川にドボン、なんて光景を目にした事が幾度となくありますせっかくの楽しい思い出も、その後のイベントもこれでは楽しめませんよね?そんな事がないように、防水バッグや防水ケースは必ず持参しましょう。

 

【アドバイス】

ラフティングやカヌーを行う場合は、眼鏡やコンタクトの人は注意が必要です。ソフトコンタクトレンズの人は問題ありませんが、ハードタイプを利用の人はゴーグルが必要になります。予約の際にレンタルの用意があるのか、持参する必要があるのかは前もって確認しておきましょう。眼鏡の人は、ソフトコンタクトレンズを用意するか、落水した時に流されないように眼鏡バンドを用意しておきましょう。

山登り編

f:id:hantenakun:20160525001543j:plain

夏休みには、普段しない山登りにチャレンジなんて人も多いですよね?山登りは最近女性の方でも「山ガール」という言葉があるほど流行しています。それでは失敗することがないようにきちんと準備していきましょう。

【服装の注意】

速乾性に優れた化学繊維のモノを身につけ、パンツは速乾性の登山パンツがオススメです。女性の方は、流行りのスパッツやスカートスタイルでもOKです。ただし、レインウエアは必ず用意しておきましょう。山の天気は変わりやすいという言葉があるほど、天候が変わりやすいです。その際に動きづらいと何かと危険です。傘やポンチョではんく出来るだけレインウエアを用意しておきましょう。

 

最後に靴ですが、山登りをする際には靴は一番重要なポイントです。滑りにくく、足首まで保護してくれるトレッキングシューズがオススメです。今回だけだからと、出費を抑えてしまうと過度な疲労や怪我の原因になることもありますので、靴には充分に注意してください。

【スポンサーリンク】
 

【必需品】

地図・・・グーグルマップがあるから大丈夫だと思っていませんか?山の中は電波が繋がりにくい場所がとても多く、グーグルマップではほとんど役に立ちません。なので、必ず地図は用意しておきましょう。

スポーツドリンク・・・山登りの際は水分補給をこまめに取るように気を配りましょう。特に夏場は暑さもあり、知らない間に身体の水分を奪われています。

【アドバイス】

山登りに慣れていない方は、いきなり無理をするのは絶対にやめてください。はじめは初心者でも登れる山からチャレンジしていきましょう。登山中に、もしも具合が悪くなってしまった場合は携帯電話で警察に連絡しましょう。電波が通じない場合は、同行者に助けを呼んでもらいましょう。なので、慣れるまでは誰かと一緒に登る事をおすすめ致します。

キャンプ編

f:id:hantenakun:20160525001607j:plain

最近は道具が全て揃っていて、手ぶらでキャンプに行くことが出来るようになりましたね?そのおかげで利用者の数は急増しているそうです。キャンプ場で動揺しない為にも一緒に確認していきましょう。

【服装の注意】

アウターは厚手のモノを必ず一着用意しておきましょう。夏でもキャンプ場の夜は冷え込むので、一見荷物と思ってしまうかもしれませんが、必ず用意しておきましょう。アウターを用意しておけば、インナーは薄手のもので大丈夫です。火の管理やテントの設営など汗をかくことも多いのでインナーは複数枚用意しておく事をオススメします。

【必需品】

椅子・・・意外とこれは忘れてしまいがちです。レンタルがあるから大丈夫と考えるのは少し甘いかもしれません。キャンプは椅子で過ごす時間がとても長いです。意外と座ろうと思っても座る場所がなかったりします。そんな時の為に、必ず小さな折りたたみの椅子はあった方が便利だと思います。

 

ヘッドランプ・・・携帯電話が普及した事により、最近ではあまり必要ありません。しかし電池が無くなってしまった時などの事を考えると、1つは持参した方がよいでしょう。

【アドバイス】

バンガロータイプではなく、テントタイプのキャンプの人は必ずレインウエアを用意しておきましょう。テントの設営や撤収の時に雨が降ってきてしまう場合があるので、その際に必ず必要になります。

 


いかがでしたか?意外と気づいていなかった事もあったんではないでしょうか?最後に、必需品以外にも必要と思われるものをまとめてみました。準備の際に是非ご活用ください。

□ 腕時計

□ タオル

□ 健康保険証

□ ビニール袋

ティッシュ

□ 日焼け止めクリーム

□ 虫よけスプレー

□ 救急セット(風邪薬や腹痛の薬なども)

□ 防水バッグ

□ 軽食

□ 携帯型充電器