夏休みに行きたい 首都圏おすすめ スポット 【鬼怒川温泉 テーマパーク編】

鬼怒川温泉街の近くには、ユニークなテーマパークがたくさんあります。今回はその中から2つご紹介したいと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

1.外国人でなくても楽しめる、江戸ワンダーランド日光江戸村

 

f:id:hantenakun:20160528114430j:plain

出典:http://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_658/

あ!!聞いたことあると思った人も多いのではないでしょうか??その有名な日光江戸村です。外国人の人に人気のスポットと言われていますが、私たち日本人でも充分に楽しめます。

ここには、まだ江戸時代が残っていて、関場や宿場町、あ!!ちょんまげの人!!!そうです、江戸村にはちょんまげをゆった江戸人がまだまだたくさん居るのです。こうなったら、あなたも江戸人に変身するしかありませんね?

 

f:id:hantenakun:20160528114904j:plain

 出典:http://edowonderland.net/media/江戸ワンダーランドを舞台に、「東京キッド」の/

カップルで訪れる際にはあらかじめ、衣装は決めておいた方が良いでしょう。20種類ある衣装から選ぶのは大変で、迷った結果が大奥と農民では、記念写真がとても面白い事になってしまいますからね。

今話題のSNSにあげるのにも、旅の思い出にもピッタリなので変身して江戸の町を是非楽しんでくださいね。変身以外にも江戸ワンダーランドには楽しめるスポットが盛り沢山!!

侍体験

 

f:id:hantenakun:20160528115142j:plain

 出典:http://edowonderland.net/

侍ジャパンという言葉あるくらいサムライは日本の文化です。侍の凛としたたたずまいや魂をこの体験では、学ぶことが出来ます。その他にも武芸の基本のみならず、江戸時代の侍の生活や生き様をリアルに体験できます。日本の侍の心をあなたも持ってみませんか?

弓道体験

 

f:id:hantenakun:20160528115241j:plain

 出典:http://edowonderland.net/

弓を引くというのをテレビや映画で見て、一度はやってみたいと思っていませんでしたか?弓は日本古来のものでありながら、中々体験できませんよね?でも江戸ワンダーランドではあの有名な映画【ラストサムライ】にも出演された、藤井康次さんが丁寧に教えてくれます。是非、一度は弓道で精神統一を行ってみてはいかがでしょうか? 

※侍体験、弓道体験は費用は無料なのですが、不定期の開催になります。御来園の際は事前に御確認下さい。

 

【スポンサーリンク】
 

 

2.東武ワールドスクウェア

 

f:id:hantenakun:20160528115723j:plain

出典:http://www.tobuws.co.jp/

海外旅行に行きたいな~と思っていても中々行くのって難しいですよね?海外旅行となると大型の連休じゃないと行けないし、そもそもそんなにお金がないなんて人も多いですよね。

そんな人にうってつけなのが、この東武ワールドスクウェアなんです。東武ワールドスクウェアは、世界一周旅行を疑似体験出来ちゃうんです!!園内は6つのゾーンに分かれていて、世界21各国102点の遺跡や建物が再現されています。

自由の女神はもちろん、ピラミッドやスフィンクスパルテノン神殿などなど、なんと日本の東京駅までありますよ!!

え!!!凄い!!!なんでそんな施設が有名じゃないの???っと思いますよね??私もそう思った1人でした。なんとこの施設、すべてのサイズが25分の1のサイズなんです。

なーんだミニチュアなのか。ちょっと待った―!!!この施設本当に凄いんです!!!

ミニチュアとは侮れない、リアリティの追及がものすごいんです。パルテノン神殿には、本物の大理石の粉末が使用されていたり、国会議事堂は避雷針まで忠実に再現されていたり普段見ることのできないところまで見ることが出来ちゃうんです。

 

f:id:hantenakun:20160528115946g:plain

 出典:http://www.tobuws.co.jp/

更に展示されている、ミニチュアの人達にも個性が盛り沢山。国会議事堂には安部首相??万里の長城には孫悟空??え?こんな人まで??

 

f:id:hantenakun:20160528120149g:plain

 出典:http://www.tobuws.co.jp/

そういったユニークポイントを探すのもこのテーマパークの1つの楽しみなんです。最近では、流行りの巨人アニメにあやかり、巨人になった写真をSNSに投稿する人も多いみたいですね。是非、世界旅行に行きたいと思っていても、行けない人は訪れてみてはいかがでしょうか?

 

natsuyasumisyutoken.hatenablog.com

 

natsuyasumisyutoken.hatenablog.com