読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みに行きたい 首都圏おすすめ スポット 【鬼怒川温泉 レジャー編】

特に夏場は、鬼怒川で体験できるレジャーが注目されています。今回はその中でも特に人気のある二つを御紹介したいと思います。

1.鬼怒川ライン下り

 

f:id:hantenakun:20160528110204j:plain

 出典:http://linekudari.com/index.htm

ライン下りとは御存じの方も多いと思いますが、船にのって川を下っていくレジャーの1つです。多くの人が1つの船に乗ることが出来るので、家族連れの方に大人気です。

鬼怒川ライン下りは広大な大自然を眺めながら、約6km、40分にわたって楽しむことができます。一見、40分??っと結構長いと思われるかもしれません。でも全く退屈しないと思います。

なぜなら、なんと言っても船頭さんのトークが凄い凄い!!長年の案内で培われている話術は、某有名テーマパークのスタッフにも全く引けをとりません。

更に、鬼怒川のライン下りでは自分で楽しみを見つることが出来ます。何の事??と思われるかもしれませんが、鬼怒川にはところどころに奇岩があります。

 

f:id:hantenakun:20160528110651j:plain

 出典:http://guitarra2008.blog70.fc2.com/blog-entry-136.html

奇岩???奇岩とは変な形をした石のことです。それの何が面白いの??と思われるかもしれません。でも、意外と盛り上がるんですよ。「あれクマに見えない?えー,たぬきでしょ。」みたいな感じで話がはずむんですよ。

実際、象が振り返っているような石やクマが寝ているような石は、とても有名なので是非探してみてください。それにもしかしたら、あなたに似ている石もあるかもしれませんね。

さて、そろそろライン下りの話を終わりにしたいところですが、一番大切なポイントを伝えておかなければなりません。そう、【急流の水しぶきスポット!!】です。これはこのライン下りの1番の目玉ともいえる点です。水しぶき??どうせ大したことないんでしょ??と思ったそこのアナタ!!!着替えを用意して下さい!!かなり濡れます!!!

 

f:id:hantenakun:20160528111006j:plain

 出典:http://himesyara.blog.so-net.ne.jp/2009-09-08

でも、安心してください。船には水しぶきから身を守るビニールが取り付けられており、水をしっかりバリアー出来ます。
でも夏はとても暑いですから、男性の方などは水を浴びても楽しいかもしれませんね。ただし、着替えはしっかりと持参してくださいね。

linekudari.com

 

【スポンサーリンク】
 

 

2.ラフティング&キャニオニング

 

f:id:hantenakun:20160528111625j:plain

 出典:http://www.naoc-jp.com/apply

ラフティングって何??

大概の人がそうだと思います。私も最近までは全然何の事だか、知りませんでした。ラフトと呼ばれる、巨大な浮き輪のようなボート??に乗って川を下るレジャーのことです。

ラフトに乗れる人数は制限があり、ライン下りに比べて少人数での利用になるので友達同士の学生さん達には、特にオススメです。少人数という事もあり、ライン下りのように穏やかにというよりは、激流を下るスリリングを味わいたい人にオススメですね!!途中ラフトから降りて川遊びを楽しめるポイントや、ダイブポイントなどの用意もあります。

 

f:id:hantenakun:20160528111855j:plain

 出典:http://www.naoc-jp.com/apply

元気の有り余っている学生さんたちは、ビュンビュン、ドボンドボン、思いっきり川にダイブしてください。誰でも子供のころに1度は夢見た、川へのダイブが出来るかもしれませんよ?

 

キャニオニングって何?

 

f:id:hantenakun:20160528112155p:plain

 出典:http://www.naoc-jp.com/apply

キャニオニングとは、渓流などを歩いて下る事の出来るレジャーです。これまではボートや船に乗っていましたが、今度は自分の足で川を下っていきます。自然の滝を滑り降りる、自然のウォータースライダーが一番のオススメですね!!体験したことありますか??自然のウォータスライダーですよ??

 

f:id:hantenakun:20160528112406p:plain

 出典:http://www.naoc-jp.com/apply

これは、きっとどの有名大型プールに行っても味わえない、感動を体験できる事でしょう。濡れることを恐れるライン下りとは違い、濡れることを望んでいる若い人たちは是非一度体験してみてください。

絶対にもう一度来たいと思いますよ。

 

 

www.naoc-jp.com

【スポンサーリンク】