読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みに行きたい 首都圏おすすめ スポット【日光東照宮】

日光とは

 

f:id:hantenakun:20160528165305j:plain

 出典:http://animamia.jp/日光猿軍団が海外進出/日光猿軍団_02/

日光は外国人の方に大人気のスポットで、年間国内外合わせて約200万人の人が訪れています。首都圏にお住まいの方は、小学校の遠足としても、お馴染のスポットですよね?
そんな日光にある東照宮では、去年2015年徳川家康公400回忌のイベントで大盛り上がりでした。ようやくその盛りあがりも終息してきたので、訪れるには今が狙い目です。世界遺産でパワースポットと力あふれる日光東照宮から、2016年の夏はエネルギーを貰いましょう。

【スポンサーリンク】
 

 

日光東照宮

 

f:id:hantenakun:20160528164124j:plain

 出典:http://livingpedia.net/archives/1032.html

日光を語る上で絶対に外せないのが、日光東照宮ですね。日光東照宮とは、日本人なら誰でも知っている徳川家康をまつっている所です。総製作費は現在の貨幣価値に換算すると、約400億円!!すでにこれだけでも、パワーが貰えそうですね。その中でも3つ今回は有名なスポットを紹介いたします。

スカイツリーの元になった五重塔

 

f:id:hantenakun:20160528164544j:plain

出典:http://www5f.biglobe.ne.jp/syake-assi/newpage787.html

これは、1650年に酒井忠勝によって寄進(寄付)されました。現在ある五重塔はその当時のものではなく、消失後に再建されたものとなっています。高さは36m、日本一華麗な五重塔と呼び声高いこの塔は、地震にもとても強いとされています。

内部の心柱が吊り下げられ、塔身から独立している独特の工法で、地震の揺れに強い構造となっています。現に幾度かの大地震もこの工法によって、五重塔は崩れることはありませんでした。それらの事からこの工法は、現在の東京スカイツリーにも応用されて使用しています。

三猿に四猿【せざるがいた?】

見ざる・言わざる・聞かざるでお馴染の三猿の彫刻がある神厩舎。昔は、猿は馬を病気から守るとされていた事からこの彫刻が掘られたとされています。ところで、有名な三猿の彫刻が日光東照宮では8枚の物語になっていることを知っていましたか?

 

f:id:hantenakun:20160528164308j:plain

 出典:http://livingpedia.net/archives/1032.html

左1:母猿が子猿の未来を案じている姿を表現
右1:判断力のない子猿時代を表現
左2:親離れを考えて悩んでいる姿を表現
右2:青年猿が親離れを決心したことを表現
左3:親離れをしたが思い通りにいかず、でも励ましてくれる友達が居る姿を表現
右3:となりの女猿に恋をしてしまった姿を表現
左4:恋が実り、結婚を表現
右4:女猿のお腹が膨れ子供ができた事を表現

この繰り返しが、人生という形で表現されているとの事です。

凄いですよね!!全然私も知りませんでした。そして、三猿は四猿だったということもご紹介しておきます。え??そんな隠し猿が居るの??っと思われてしまうかもしれませんが、残念ながら日光東照宮の神厩舎には居ません。

【スポンサーリンク】
 

 

三猿といえば、なんとなく日本のものと思われがちなんですが、本当は違うのです。なんと古代エジプトアンコールワットにも居るそうなのです!!!日本は中国から伝わってきたものと考えられていますね。すると1つおかしな事があるのです。中国では4匹の猿で1つのセットなのです。なら、なぜ4匹目の猿が東照宮には存在しないのでしょうか?

 

f:id:hantenakun:20160528164936j:plain

 出典:http://twit-e.com/archives/2788758.html

それは4匹目の猿の教えが表現するものが東照宮に相応しくなかったとされています。
なにせ、おち○ち○を抑えているのです。そして意味はせざる。大人の方は意味はおわかりですね?まさに中国らしい教えですよね。ちなみに四猿の四が四を意味する不吉な意味を表すなど、理由は諸説あるようです。

眠り猫は実は起きている??

 

f:id:hantenakun:20160528164356j:plain

 出典:http://livingpedia.net/archives/1032.html

これも三猿と並ぶ、日光東照宮では有名な彫刻の1つですよね?日光東照宮の総彫刻数はなんと、5173体。その中でも猫は、たったの一匹だけ。それが眠り猫なのです。
眠り猫は後ろに飛んでいる雀を気にせずに眠っていることから、雀が安心して飛べる平和な世の中を願って眠り猫がほあらたとされています。これがもっとも一般的な説明ですね。
でもこの眠り猫には、違う一面もあるんです。正面から見るとこの眠り猫の彫刻は確かに眠っているように見えます。しかし、この彫刻をななめから見ると起きているのです。しかも前足を踏ん張って今にも飛びかかってきそうなのです。嘘だと思われる方は、是非日光東照宮に足を運んでみてください。