読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休みに行きたい 首都圏おすすめ スポット 【富士山を知る旅】

日本の代表的な山 【富士山】

f:id:hantenakun:20160522215225j:plain

2013年に世界文化遺産に登録された富士山。でも実際のところは、富士山特有のフォルムや高さなどの基本的な知識しかありませんよね?そんな人の為に新たな施設がオープンしました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

富士山世界遺産センター

f:id:hantenakun:20160609212704j:plain

出典:http://www.yamanashi-kankou.jp/index.html

2016年6月22日に、富士山世界遺産センターが開館致します。特製和紙で作られた1000分の1スケールの富士山は見る人全てを虜にすること間違いないでしょう。

その他にもこちらの施設には様々な魅力が盛りだくさん。巨大スクリーンでの歴史や文化の映像はもちろんのこと、多数のスピーカーからのサウンドスケープにも力を入れています。

私の個人的なオススメは、あの熱血でお馴染の松岡修造さんのガイドアプリもございますので、是非ご利用下さい。

【料金】

大人:420円

大学生:210円

高校生以下:無料

 

www.fujisa

 

富士の樹海探検

f:id:hantenakun:20160609212842j:plain

出典:http://shizuoka.mytabi.net/

青木ヶ原樹海は、通称富士の樹海とも呼ばれていて自殺の名称とされていますよね?でも現在は、コウモリの洞窟や散策ツアーなど楽しめる施設がたくさんあります。

コウモリ洞窟内は夏場でも肌寒く、ヘルメットの着用が義務付けられているので、まさに探検家になった気分が味わえます。大人だとしゃがんでも、ぎりぎりしか通れない場所などもあるので怪我には十分に注意してください。

【スポンサーリンク】
 

 

散策ツアーでは、ガイドさんが1人付いてくれるので安心です。富士山の誕生についてや富士の樹海がどうして人に恐れられているかなどの、豆知識をたくさん教えてもらえます。

例えば、富士の樹海ではコンパスが効かない理由など教えてもらえますよ?ただし、散策コースは舗装されていて歩きやすくなっていますが、コースから外れたり、ガイドさんからはぐれたりしないように気をつけて下さい。特に小さなお子様を連れていかれる際には、気をつけ下さい。 

 

ふじやま温泉

f:id:hantenakun:20160609213141j:plain

出典:http://www.mt-fuji.gr.jp/

旅の疲れを癒すならやっぱり温泉ですよね。ふじやま温泉は2006年にオープンした日帰り温泉施設です。旅の疲れを癒す以外にも、富士山特有の泉質をもつ温泉は【美肌効果】も期待できるそうです。女性には嬉しい特典ですね。

更にふじやま温泉は、温泉の他に建物にも大きな特徴があります。重要文化財建築物「日下部住宅」をモチーフにした、釘を使わない伝統工芸の建物となっています。この伝統的な工夫の梁組は、なんと大浴場でも見ることが出来ます。

温泉で身体を癒しながら、伝統工芸に触れるのはまさに非日常的な体験です。富士山近郊に訪れた際には、是非一度足を運んで下さい。

その他にも、休憩所からは富士山を一望できる好立地。温泉で身体を癒して、富士山を眺めながらリフレッシュ。旅の疲れもこれで吹きとんでしまいますね。

 

夏季シーズン料金

大人:1,700円
子人:850円

 

www.fujiyamaonsen.jp