夏休みに行きたい 首都圏 おすすめ すぽっと【小笠原諸島】

世界自然遺産は東京都にもある!!

 

f:id:hantenakun:20160528200211j:plain

 出典:http://www.ogasawaramura.com/

え??東京というコンクリートジャングルに自然遺産がある?そんなわけないよっと思っていませんか?本当にあるんですよ。みなさんがよく知っている、あの屋久島や知床と同じ自然遺産が東京にもあるんです。

じゃあどこにあるかって?東京から南へ約1000km、透き通った海の上に浮かぶ小さな島々、そう小笠原諸島です。

みなさんは綺麗な海といえばすぐに・ハワイ・グアム・サイパンなどをイメージしますよね?でも見てください、小笠原諸島の海もこんなに綺麗なんですよ?今回は、そんな小笠原諸島についてご紹介したいと思います。

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

小笠原諸島世界自然遺産になった理由

 

f:id:hantenakun:20160528200535j:plain

 出典:http://tabipedia.net/tours/小笠原諸島

小笠原諸島は東京のずっと南にあり、一度も大陸と繋がったことがない島々なんですよ。そのこともあって、「東洋のガラパゴス」なんて呼び名が付いていますね。

生き物達は孤立している島なので、外敵からの影響を受けることが殆どありません。そのお陰で独自進化した、固有種がとても多いんですよ。
これって海外から見ても貴重なことで、世界自然遺産に2011年に登録されたんです。

そして小笠原諸島はこの環境を守ることに、今も全力を注いでいます。独自進化した固有種は、外来種からの影響をとても受けやすいです。外来種が原因で絶滅をしてしまった生き物も数多く存在します。

このことから現在小笠原諸島は、外来種の駆除や捕獲を行っています。気をつけていただきたい事は、観光で訪れる際に決して外来種を持ちこまないで下さい。ルールやマナーはしっかり守って小笠原諸島を楽しみましょう。

小笠原諸島をもっと詳しく知りたい

小笠原諸島にはどうやっていくの?

 

f:id:hantenakun:20160528200729j:plain

 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/おがさわら丸

小笠原諸島への交通手段は驚くことに船しかないんです!!流石は東洋のガラパゴスといった感じですよね。そして更に驚きなのは、東京都と小笠原諸島を結ぶ唯一の定期船は、到着までに25時間半かかります。

え!?25時間半??驚きですよね!!午前10時に東京を出ても、付くのは次の日の11時半なんですから。海外にいくよりも全然時間がかかります。でも船での旅行なんて、今では滅多にないことだと思うので、思い出に残ること間違いありません。きっと有名映画のワンシーンのモノマネは、多くの人がすることでしょう。

ただ、1つ問題があるんです。この唯一の定期船、なんと6日間周期でしか運航されてないんです。つまり小笠原諸島に行くのには、最低6日間かかります。そして小笠原諸島自体には3泊4日しか居られないのです。でも、そこまでしてまでも行く意味があるのが小笠原諸島なんです。

6日間も必要だと費用が高いんじゃないの?

 

f:id:hantenakun:20160528201338j:plain

 出典:http://blogs.yahoo.co.jp/plusyouing/6281910.html

往復の船の料金と島での宿泊と食事を合わせて、大体10万円と言われています。え??意外と安い!!そうなんです。期間が長いから高いと思われがちですが、意外とそんなことはないんです。ただしレジャーなどの料金はここには含まれていないので、事前にしっかりと計画は立てましょう。

そして船は説明した通りとても本数が少ないです。なので、繁忙期の5月~10月は早めに予約をしておきましょう。予約は2か月前からできますよ!!

小笠原諸島が東洋のガラパゴスという事はお忘れずに

 

f:id:hantenakun:20160528201130j:plain

 出典:http://www.compora.com/

小笠原諸島に訪れる際には注意が必要ですよ!!なぜなら、都会での常識は殆ど通用しません。でも安心してください、携帯電話やパソコンは通じますよ!!でも、24時間営業のコンビニは残念ながらありません。そもそも観光客以外の人は、夜中に買い物をしようなんて思いません。

中心部に行けば日用品を買う事が出来るお店はあります。ただし、どのお店も大体が7時~18時くらいの営業時間なので気をつけて下さい。おーっともう1つ!!日用品の買いモノは出来ますが、クレジットカードは使えないので注意してくださいね。もちろん電子マネーなんて使えませんよ。

あと、小笠原諸島には銀行がありません。ん???銀行もコンビニもない....そう!!お金が下せないんです。でもキャッシュカードの使えるATMは一応何箇所かあります。ただし下ろしたい時にすぐにあるわけではありません。なので無理に沢山お金を持っていく必要はありませんが、少し多めに持っていくことをオススメしますよ。

小笠原諸島を存分に楽しむ方法

 

【スポンサーリンク】
 

 

イルカと仲良くなれる??

 

f:id:hantenakun:20160528201508j:plain

 出典:http://blogs.yahoo.co.jp/plusyouing/6281910.html

小笠原諸島でのアクティヴィティの1位2位を争うのはこれですね!!通常のスノーケリングなどでは絶対に味わえない、イルカと一緒に泳ぐことが出来るんですよ。まずはイルカの上まで船で向かい、あとはインストラクターさんの合図に合わせて飛び込むだけ!!

すると、そこには水族館でしか見たことがないイルカの姿が。一度生でイルカの姿を見たらきっと一生忘れないでしょう。更に運が良ければ、イルカの鳴き声も聞ける人も居るかも。是非仲良くなって、さよならを言ってもらいましょう。

あと高度なテクニックが必要になりますが、最近では防水のカメラでイルカと記念写真を撮る人も結構いるそうですよ。

1日限定100人しか入れない南島

 

f:id:hantenakun:20160528201723j:plain

 出典:http://ecocafe.sblo.jp/article/53428453.html

この島は11月から2月までは入島が禁止とされるほど、保存に力を入れています。
さらに他にも1日に100人までしか入れない、ガイド一人に対して15人までなどの色々な規制があります。

それにはもちろん理由があります。この島は国の天然記念物にもしていされていて、とても貴重な島なのです。地形などはもちろんですが、1000年~2000年前に絶滅したとされるヒロベソカタマイマイの反化石など珍しいものがたくさんあります。小笠原諸島を訪れる際にはかかせない、スポットなのでご予約はお早めに!!

www.ogasawaramura.com

 

スタンドアップパドルボートにチャレンジ

 

f:id:hantenakun:20160528201931j:plain

 出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

サーフィンがボードを使って波に乗ることなら、スタンドアップボートはボードを使って、散歩する感覚ですね!!サーフィンと違ってボードの幅も広く造られているので、慣れればすぐに立つことも出来るでしょう。

最近では雑誌などでも取り上げられる事が多くなってきましたね!!特に女性は、ボードの上でバランスを取ることで体幹を鍛えられるので、遊びながらダイエットも期待できちゃいますね。

宿泊先はしっかり事前に予約しよう。

小笠原諸島への旅の2泊は船での宿泊なので、どうしてもリラックスするといった気分にはなれません。なので、島での宿泊では思いっきりリラックスしちゃいましょう。東洋のガラパゴスだからって、宿は最新式です。そんな宿から今回は2つおすすめをご紹介いたします。

くつろぎの宿 てつ家

 

f:id:hantenakun:20160528202427j:plain

出典:http://www.tetuyabonin.com/

 

てつ家は何と言っても、食事へのこだわりが他とは圧倒的に違います。料理で使う、野菜や果物は近隣の農家さんから直接仕入れて、和食料理店で修業を積んだオーナーが全て1人で造ります。

その他にも、環境にも配慮したアメニティや全室反露天ぶろ付きの客室は嬉しいところですね。とても人気の宿ですのでご予約はお早めに。

 

 くつろぎの宿 てつ家 TETSUYA

住所
〒100-2101 東京都小笠原村父島小港海岸
Address
100-2101 Kominato Chichijima Ogasawara Tokyo
Tel
04998-2-7725
Fax
050-3730-2098
Mail
info@tetuyabonin.com

Hp

        http://www.tetuyabonin.com/

 

 

 

ハートロックヴィレッジ

 

f:id:hantenakun:20160528202916j:plain

 出典:http://hotel.jp/hotel/30180/

快適なECOを追求しているこちらの宿。小笠原諸島は環境に配慮しなければなりません。こちらの宿はそれをストレスなくこなしています。例えば、壁にはホタテの貝殻を再利用したり、裏山から流れる水の井戸など、紹介しだしたらキリがありません。
ECOと快適の一帯となった宿で、プチリゾート気分を味わってみてはいかがですか?

 

take-na.com