夏休みに行きたい 首都圏 おすすめ スポット【こうのす花火大会】

ギネス認定された○○花火を鑑賞しよう

f:id:hantenakun:20160531224935j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0311e01076/

開催日:2016年10月8日(土)

開催時間:18:00~20:30

打ち上げ数:15,000発

※荒天の場合は、翌日9日(日)を予定

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

尺とはなにか?

f:id:hantenakun:20160531225502j:plain

出典:http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201308080010

 

ギネス花火をあなたは見たこと、ありますか??ギネス花火を説明するにはまず、花火の「尺」についてご説明しましょう。みなさんご存知の通り、尺とは花火の大きさを表す単位のことです。現在日本の花火で一番大きいとされているものが【四尺花火】です!!尺で言われてもいまいちピンとこない?そんな人のために具体的にご説明しましょう。

1尺とは約30cmになります。みなさんが小学校の頃によく使った、あの30cm定規と同じ大きさです。つまり、4尺ともなると約120cmになります。これは小学校3年生の子供と同じくらいの大きさですね。

え??でも花火ってもっと大きいですよね?っと思いましたか?もちろん、みなさんがご覧になっている花火はもっと大きいものです。あくまで、この尺の大きさで表されるのは打ち上げる前の大きさです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

では実際にみなさんがご覧になっている時の大きさはどのくらいでしょうか?

まずはヒントとして、打ち上げの高さをご説明しましょう。ちなみに打ち上げの高さは、大きいものになるにつれてドンドン高くなっていきますよ。まずは1尺花火の打ち上げの高さは、約330mです。そう、みなさんご存知の「東京タワー」とほぼ同じ高さなのです。

え??1尺でそんなに??まだまだこんなもんじゃないですよ?3尺は約600m。そう「東京スカイツリー」の高さよりほんの少しだけ低い高さです。そしてみなさんお待ちかねの4尺玉は・・・・・【打ち上げの高さ約800m】です。そして皆さんがご覧になっている時の大きさは直径約600mです!!

このサイズになると比較対象にするものがないので、気になる人は実際に足を運びましょう。

 

ギネス記録は大きさではなかった??

f:id:hantenakun:20160531225313j:plain

出典:http://find-travel.jp/article/16220

 ここまで尺や花火の打ち上げの高さなどを、さんざんご説明してきました。でもギネス認定されたのは、そのどちらでもなかったんです!!では、鴻巣の4尺花火は何でギネスに認定されているのか??

それは、重さなんです!!!

4尺花火の説明の際に小学校3年生くらいの大きさといいましたが、重さは小学生とはくらべものになりません。なんと、四尺花火の重さは【464キログラム】あるのです。

お相撲さんにして、大体3~4人集まったのと同じ重さですね。この重さで、【世界で最も重い花火】として認定されたのでした。重さが重いということは、中身がぎっしり詰まっているということですよね?

今年2016年も、こうのす花火大会でこちらの四尺花火はご覧いただけます。開催日も、他の花火大会と違って少し遅めの10月8日(土)です。夏の終わりを、ギネス花火で締めくくってみてはいかがでしょうか?

 

こうのす花火大会のみどころ

f:id:hantenakun:20160531225130j:plain

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/keisuke55keisuke/

こうのす花火大会の一番のみどころは、なんと言ってもギネス認定された【四尺玉】でしょう。この大きさの打ち上げ花火は、めったに見ることはできませんからね。でもこうのす花火大会の凄いところは、それだけじゃないんです。

とにかく、尺玉花火の多さです。スターマインと呼ばれる尺玉の連発や、正三尺玉、正四尺玉、そして【尺玉300連発!!!】首都圏でこの多さの尺玉花火を見れる花火大会は、他には絶対にないでしょう!!そして、こうのす花火大会は無料の観覧席も2ヶ所用意されています。出店でお祭り気分を味わい、無料観覧席でゆっくり、2016年は首都圏有数のダイナミック花火大会を満喫しましょう。

 

詳しくは、下記のホームページでご確認ください。

http://kounosuhanabi.com/