夏休みに行きたい 首都圏 おすすめ スポット【東京湾大華火祭】

【悲報】2016年 東京湾大華火祭は当面開催休止

                       f:id:hantenakun:20160601215938p:plain

毎年8月に行われる【隅田川花火大会】【江戸川区花火大会】と共に東京三大花火大会の一つに数えられる東京湾大華火祭。なんと2016年の今年から当面の間、開催の休止が決定されました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

なぜいきなり休止に??

f:id:hantenakun:20160601220717j:plain

出典:http://blog.goo.ne.jp/midorigf2/

本来であれば今年で28回目を迎えるはずだった東京湾大華火祭。1988年から8月の第2土曜日に開催されてきました。約12,000発の花火が打ち上げられ、晴海ふ頭やお台場から見えることで【東京の夏の風物詩】として愛されていました。昨年の観覧数もおよそ、75万人。
こんなに人気の花火大会がなぜ?
開催から今日に至るまでも3度、中止になることはありました。2度は天候が原因で、1度は東日本大震災による電力不足のための安全面確保が原因でした。しかしこれらは単発的なもので、当面休止になるものではありませんでた。なのに、今回はなぜ再開時期も未定なのか?

 

【スポンサーリンク】
 

 

それは休止の原因となったのが、【2020年 東京オリンピック】だからです。え???東京オリンピック??何が関係あるの?みなさん、ご存知の通り東京オリンピックが行われるの新国立競技場です。しかし、東京湾大華火祭のメイン会場が【オリンピックの選手村】になる予定なのです。

なので、現在すでの大工事がスタートしており、会場を確保できなくなったのが要因です。

突然の休止に悲しむ人が続出

f:id:hantenakun:20160603234622j:plain

休止が発表されたのは、2016年1月のことでした。突然の報告に、多くの人が悲しみました。そして、運営をしている東京都中央区の人達も同じ気持ちです。「できることなら、東京湾の上に花火を咲かせたい」と今でも強く願っています。

東京オリンピック開催まで、あと4年。その後に復活の予定もないのが今の現状です。しかし中央区の人たちは、東京湾を中心とした花火大会ができるように懸命に動いています。「今年は無理でも来年や再来年は・・・」という気持ちで早期復活させる為に、必死に関係機関に協力を仰いでいます。

少しでも早く東京湾に再び大きな華が咲くことを、私も心から祈っています。

最後に・・・

悲しいことに現在の状況では、今年は東京湾での花火大火は行われないでしょう。そしてこの事実を知らない人が、現在もまだたくさんいらっしゃいます。少しでも、多くの人にこのことを伝えて、みなさんで一緒に早期復活を願いましょう。