夏休みに行きたい 首都圏 おすすめ スポット【江戸川区花火大会】

 江戸川区花火大会&市川市民納涼花火大会

f:id:hantenakun:20160601234906j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/

 

開催日:2016年8月6日(土)

※荒天の場合は、翌日7日(日)を予定

開催時間:19:15~20:30

打ち上げ数:14,000発

 

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

川を挟んで2つの場所から楽しめる

f:id:hantenakun:20160601232946j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/

江戸川区花火大会は江戸川河川敷での打ち上げになり、お隣の千葉県市川市でもご覧になれます。ただし、ややこしいことに江川区からご覧になる場合は【江戸川区花火大会】市川市からご覧になる場合は【市川市民納涼花火大会】と呼ばれています。これらはどちらも同じ花火大会のことを表します。開催数に差が生じているのは、10回目以降から市川市との共同開催となったからです。

※今回は文章構成上の都合により、打ち上げ場所の江戸川区花火大会としてご紹介させていただきます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

演出に凝った花火プログラム

f:id:hantenakun:20160601233047j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/

江戸川区花火大会の1番のみどころは、プログラム(演出や構成)です。花火の大きさは最大8号と、決して他の花火大会と比べて大きいわけではありません。しかし、音楽や多彩な仕掛けによって、インパクトのある花火大会を演出しています。

大きな花火はもちろん迫力があり、各花火大会のメインとなっています。しかし大きさを競うあまりに、どこも同じような大きさで近年はインパクトを失いかけています。そこで、江戸川区花火大会は大きさではなくプログラムで勝負をすることにしたのです。

なので気合の入れ方が他の花火大会と違います。開催日が8月にも関わらず、年明けから花火師との相談が始まります。そして演出の内容は毎年違う形になり、今回は「咲き誇れ!情熱江戸川花火!」をテーマに構成されています。

2016年 見どころ演出

今回はみなさんだけに2016年の江戸川区花火大会の、みどころ演出をいくつかご紹介いたします。

5秒間目を閉じるな!!!

f:id:hantenakun:20160601233139j:plain

出典:http://photohito.com/photo/222506/

花火大会で重要なのはオープニングですよね?意外と気づいたら始まっていたなんてことありますよね?でも2016年の江戸川区花火大会は、始まったらすぐにわかります!!なぜなら、開始5秒で1,000発の花火が打ち上げられるのです!!

これで花火大会に釘付けになること間違いないですね。まさにオープニングにふさわしい花火になるでしょう。

世界遺産を花火で表現

f:id:hantenakun:20160601233230j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/

見どころの2つ目は富士山をモチーフにした花火です。これは他の花火大会では、絶対に見ることはできないでしょう。

フィナレーは未来を照らし出す!?

f:id:hantenakun:20160601233353j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0313e00863/

フィナレーにふさわしいテーマは「夢幻の彼方へ」金カムロシャワーが江戸川の花火を鮮やかに照らし、まさに未来を照らし出しているかのような演出は必見です。

鑑賞ポイント

f:id:hantenakun:20160601233636j:plain

出典:http://treneta.net/society/

江戸川区花火大会はお隣の市川市でもご覧になれます。打ち上げ場所が江戸川区側ということもあり、江戸川区側ではダイナミックな花火。市川市側は対岸ということもあり、少しおちついた形でのんびり鑑賞することができるでしょう。ただし、河川敷はメイン会場です。観覧エリアは広く設定されていますが、昼過ぎにはビニールシートでいっぱいになります。河川敷でご覧になりたい方は、早めに場所取りをすることをお勧めします。

≪参考ページ≫

江戸川区花火大会 江戸川区公式ホームページ