読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザにはC型もある!!

f:id:hantenakun:20161202203501j:plain

寒い季節がやってきましたね。

みなさん体調はいかがでしょうか?

この季節になるとインフルエンザの流行がやってきますね!!私の身回りでも増えてきました。

そんな本日はインフルエンザについてお話したいと思います。

インフルエンザと風邪の違いは?

風邪は細菌やウイルスの種類によって多少違いもありますが、インフルエンザに比べて症状が穏やかなものがほとんどです。インフルエンザはみなさんも知っているように、急激な高熱と間接痛などが発症します。

更にインフルエンザには潜伏期間というものがあって2日ほどは症状が出ないこともあります。この潜伏期間があるのでインフルエンザは多く人に感染してしまうのです。

くしゃみや咳などの軽い症状だと、多くの人は普通に生活をしてしまいます。なので、予防をしっかりしていないとすぐに感染してしまいます。

これからの季節は更に感染が拡大していくので、みなさんも手洗いやうがいをきちんと行いましょう。更にマスクなどの対策をすることもオススメです。

予防注射したのに・・・

一番の予防策として、予防注射があります。しかし予防注射したのにインフルエンザにかかったという人がいますが、あれは本当です。

インフルエンザはウィルス性なので毎年形が変化しています。

これを予測して予防注射を作成しているので、予定外のカタチのウイルスに変化してしまった場合には効力を発揮しません。

更に、型の違うインフルエンザにも効力を発揮しないので注意が必要です。

予防注射をしたとしても安心せずに、手洗いやうがい、マスクの装着をしましょう。

インフルエンザには三種類ある!!

f:id:hantenakun:20161202203636j:plain

インフルエンザになった人から良く耳にするのが「私はA型だった~」など聞いたことはありませんか?

実はインフルエンザには三種類の型があるのです。

A型インフルエンザ

みなさんがインフルエンザと言っているのは、殆(ほとん)どがこのA型です。

急激な高熱や関節痛などが【A型インフルエンザ】の特徴です。

B型のインフルエンザ

A型のインフルエンザと違い、急激な高熱などは殆(ほとん)どでません。通常の風邪と思って病院に行ったら「インフルエンザだった」という人はきっと【B型インフルエンザ】でしょう。

C型のインフルエンザ

そして多くの人が知らないであろう【C型のインフルエンザ】!!

C型のインフルエンザの症状はなんと一番軽く、鼻水が出る程度です。

そして【C型のインフルエンザ】は一度免疫が出来ると、死ぬまで免疫が続きます。なので、幼児のころにかかる人多いので覚えている人は少ないんです。

このようにインフルエンザも大きく分けて三種類あり、これからの季節非常に増えるのでただの風邪と楽観視しないようにしましょう!!