読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箸を広めたのは【聖徳太子】

f:id:hantenakun:20161210213352j:plain

日本人の食卓には欠かせない【お箸】

その歴史は古く、なんと今から1400年前には、日本ですでに使われていたとされています。

今回はそんな【お箸】にまつわる雑学をご紹介いたします。

 

 

聖徳太子が日本にお箸を広めた

f:id:hantenakun:20161210213937p:plain

600年代初頭に聖徳太子は中国に使節団を送りました。

そしてそこで使節団が目にしたのは、中国の王朝で箸を使って食事をしている光景だったのです。

聖徳太子はこれに凄い衝撃を受けました。

そして中国から日本への来訪者の事を考えて、日本に箸の文化を持ち帰ったとされています。

当時の日本ではレンゲのような物と併用して使われていましたが、徐々に箸だけで食事ができるようになり、今のように箸だけで食事をするようになりました。

そして今では1400年の時を経て、箸は日本を代表する工芸品へと進化しました。

 

 

 

箸 屋久杉高級箸ねじりタイプ夫婦セット(箸置き付)23cm24cm
 

 

 

 

和食はなぜ箸を横向きに置くのか??

f:id:hantenakun:20161210214005j:plain

韓国や中国などお箸を使う国では、ナイフやフォークのようにお箸を立てておきます。

しかし、日本の和食に関しては箸を横向きに置きますよね??

これには2つ理由があるとされています。

 

1.相手に箸の先を向けるのはマナー違反

1つ目の理由は、お箸のようにとがったものを相手に向けるのは、マナー違反と考えられているからですね。

 

2.結界を作っている

和食のみが箸を横向きに置く理由には、日本人ならではの食への思いが込められているのです。

日本では食べ物は神様からもたらされる、神聖なものとされていました。

なので、私達人間界と神聖な食べ物の間に、箸を横向きに置くことで【境界線(結界)】を作っていたのです。

そして私たちは初めて【いただきます】という事で感謝を表し、結界をといて食事することが出来るのです。