読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉のA5ランクのアルファベットは品質には関係ない

f:id:hantenakun:20161213224602j:plain

いいお肉というのを表すのに【A5ランク】という表記を目にしますよね??

でもこの【A5ランク】の【A】というのは、肉の品質には全く関係のないモノなんです。

 

A5ランクのアルファベットは何を意味する??

f:id:hantenakun:20161213224611p:plain

実はお肉のランクには

  • 【A5ランク~A1ランク】
  • 【B5ランク】~【B1ランク】
  • 【C5ランク】~【C1ランク】のように15種類のランクが存在します。

このアルファベットが意味するものを【歩留(ぶどまり)等級】と呼び、私達消費者には全く関係がありません。

この歩留等級は骨や皮などを除いた時に、1頭あたりの牛からとれる肉の量を表しているのです。

つまりBを標準とした場合、Aは【肉付きが良く、標準より多くの肉が取れる牛】を表します。

それとは逆にCは【肉付きが標準より悪く、少ない量しか取れない牛】という基準を表しているんですね。

 

肉の品質を表しているのは数字だけ

f:id:hantenakun:20161213224626j:plain

アルファベットが表しているのは【歩留(ぶどまり)等級】数字が表しているのが【肉質等級】なんです。

つまり「A5」も「B5」も「C5」も肉の品質は全く変わらないという事ですね。

 

肉質等級は4つの基準で決められている

肉質の等級は1~5までの5段階あります。

そしてこの等級は以下の4つの項目から決められています。

1.脂肪交雑

脂肪交雑とは皆さんもよく知っている、霜降りの度合いのことです。

2.脂肪のしまりとキメ

脂肪のしまりとキメは審査員による目で判定されます。

3.色沢(しきたく)

牛肉の光沢(こうたく)をBCS(ビーフ・カラー・スタンダード)という基準から判断します。

4.脂肪の色沢と質

そして判断基準の1つが脂肪の色沢(しきたく)つまり色合いのことですね。皆さんでも解る、いい脂肪の見極め方を1つお教えしましょう。

それは【脂肪は白より、クリーム色】を選んだほうが良いのです。

これは鮮度などの総合面から見た場合、クリーム色の脂肪の方がいいと言われているからです。

 

聞こえがいいから【A5ランク】と呼ぶだけ

f:id:hantenakun:20161213224739j:plain

いかがでしたか??

焼肉屋さんは、知っていて当たり前のことみたいです。

ただの「ランク5」や「5番ランク」という言葉だと良さが伝わりにくいので、あえて【A5ランク】と表記しているだけのですね!!