読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食パンには耳だけじゃなく、目もある

f:id:hantenakun:20161221215328j:plain

みなさんが日頃から食べられている食パンですが、意外と知らないことも多いと思います。

本当に美味しい食パンの見分け方を知っていますか??

今日はそんな食パンに関する雑学を紹介していきたいと思います。

 

食パンの耳をなぜ耳という??

f:id:hantenakun:20161221215356j:plain

不思議に思ったことはありませんか??

食パンの端にある茶色の部分を昔から【耳】と呼んでいますよね。

なぜ、これを耳と呼ぶのでしょうか??

これは私達【人間】から取った言葉だったのです。

人間の顔で耳は端っこにありますよね??

これと同じで食パンの端にあるから【耳】と呼ぶんです。

 

食パンに大切なのは耳じゃなく【目】!!

f:id:hantenakun:20161221215418p:plain

実は食パンには【目】と呼ばれる部分があります。

この【目】を見るだけで美味しい食パンかを見分けることが出来ます。

みなさんもこの機会に是非覚えておきましょう!!

食パンの目とは【食パンの断面にできる細かい気泡の穴】のことなんです。

実はパンに詳しい人なら、誰でも知っている言葉なんですよ。

美味しい食パンの見分け方

パンの生地にはもともと細かい空洞があって、その中には多くの炭酸ガスが溜まっています。

この生地を加熱することで、炭酸ガスが膨張して、パンが膨らみ焼きあがります。

食パンは型に入れて焼き上げるので、上に伸びて焼きあがります。

つまり、目が綺麗に縦長に伸びている食パンが、上手にできた食パンという事になりますね。

これは綺麗にできているというだけでなく、火が中まで通っていて、生地がしっかりと練りこまれている証拠なんです!!

だから美味しい食パンを見分ける方法として使われているんですね。

みなさんも食パンを選ぶ際には、是非チェックしてみて下さい。