読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感動するクレヨンしんちゃん映画

f:id:hantenakun:20170103135007j:plain

出典:http://anime-toshidensetu1.net/

レンタルビデオ店に行って、何を見ようか迷っている「そこのアナタ!!」

たまには、アニメ映画なんていかがですか??

意外にも感動する作品が多いんですよ!!

今日は【感動するクレヨンしんちゃんの映画】を紹介していきたいと思います。

 

クレヨンしんちゃんとは

f:id:hantenakun:20170103135214j:plain

出典:http://クレヨンしんちゃん都市伝説.jp/archives/322

クレヨンしんちゃんは、野原しんのすけという生意気な5歳児の日常を描いた、ギャグ漫画が原作となっています。

1992年よりアニメ放送がスタートし、今年で25周年を迎える日本の代表的なアニメ作品です。

アニメ放送当初は、過激な発言やお下劣(げれつ)なシーンが多く、子供に見せたくない番組として注目を集めていました。

しかし2017年現在のクレヨンしんちゃんは、言葉使いも丁寧になり、子供ながらの優しさや友情・愛情・親子愛が見られる素晴らしい作品となっています。

 

クレヨンしんちゃんは感動映画の定番!!

f:id:hantenakun:20170103140455j:plain

出典:http://ciatr.jp/topics/8153

感動するアニメ映画の話をすると、必ず話に上がるのが【クレヨンしんちゃん】です。

多くの人が感動するというだけあって、クレヨンしんちゃんの映画には感動する作品が多く存在します。

しかし気をつけたいのが、全ての作品が感動する作品ではありません。

むしろ、感動しない作品が8割です。

クレヨンしんちゃんの映画を見て感動したいという人は下記を必ずご覧ください。

 

クレヨンしんちゃんモーレツ!オトナ帝国の逆襲

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

この作品は20世紀(昭和30~40年代)の高度成長期を思い出させる映像が多くあり、子供ではなく【親が見て感動する映画】として、そもそも作られている映画です。

大人を子供に回帰(かいき)させることで、日本を再生しようとするケン(敵・悪人)というキャラクターが物語には登場します。

ケンの思いは、大人なると共感できる部分が多くあり、忘れかけてしまっている古き良き日本の時代を思い出させてくれます。

子供の頃に見たことがあるという人でも、大人になってから見ると、また違った角度から見ることがで感動します。

是非一度ご覧ください。


「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 予告編

 

クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

この映画はラストシーンに感動することで、とても有名な作品ですね。

戦国時代にタイムスリップをしてしまうというストーリーも好評で、草彅剛&新垣結衣さんが主演で実写化もされました。

ただし、物語はハッピーエンドで終わりません。

ハッピーエンドという形で作品が終わらないのは、クレヨンしんちゃんの映画ではこの作品だけでしょう。

それだけに切なさが込み上げてくる非常に素晴らしい作品です。

是非一度ご覧ください。


「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」 予告編

 

クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん [DVD]

この作品は2014年に公開されました。

近年公開された作品ということもあり「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦」や「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦」のように有名な作品ではありません。

しかし、この映画作品は間違いなく感動するクレヨンしんちゃんの映画の1つです。

初めて父・ひろしを中心として描かれ、【父とはなにか】を教えてくれます。

特にお父さんのことを邪険(じゃけん)に扱ってしまっていた人に見て頂きたい作品です。

今からでもきっと遅くはありません、鑑賞した後で何か感じたことがあれば、お父さんに素直に伝えてあげて下さい。

きっと、喜んでくれますよ。


映画『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』予告編