読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【糖質0】【糖類0】【無糖】の違いを知っていますか??

f:id:hantenakun:20170131210718j:plain

ダイエットをしている人は【糖質】が気になりますよね。

もちろん、ダイエットにおいて【糖質】を制限することは必要不可欠です。

糖質制限】がダイエットにおいていかに、効果的かは下記の記事にてご覧ください。

 

iroiromanaberugakkou.hatenablog.com

iroiromanaberugakkou.hatenablog.com

 

 

表記を知らないとダイエットが無駄になる

 

f:id:hantenakun:20170131211121j:plain

それでは今回の本題に入っていきましょう。

皆さんは【糖質0】【糖類0】【無糖】の違いを正しく知っていますか??

意外にも、これらの違いを知っている人は少ないんです。

しかしこれらの表記を正しく知らないと、せっかくのダイエットが無駄になってしまいます。

0は【ゼロ】ではない

まず初めに【糖質0】【糖類0】など0(ゼロ)と表記されていますが、全く入っていないわけではありません。

これらの表記は100mlあたり糖分0.5g以下の場合は表記が認められています。

初めに【糖質0】だから【糖類0】だからといって過剰に摂取すると、ダイエットが無駄になってしまいますよ。

糖のグループを理解しよう

f:id:hantenakun:20170131211256j:plain

糖類や糖質の違いは実は物凄く簡単で、糖をグループに分けて考えるとすぐに解ります。

糖類は基本的には【単糖類(ブドウ糖)】や【二糖類(砂糖、乳糖)】の事を言います。

そして【糖類】は【糖質】のグループに含まれます。

糖質は【多糖類】や【糖アルコール】の事を言います。

つまり糖質0(ゼロ)は【糖類も0(ゼロ)】という事になります。

しかし、糖類0(ゼロ)は糖質は含まれている可能性があるという事になります。

最後に【無糖】の表記は【糖類0】と同じ意味になります。

なので、糖質は入っている可能性があります。

ダイエットしている人は糖質0を選ぶべき

いかがでしたか??

今回の説明でよく解らなかった人もいると思います。

糖質0はほとんど糖がなく、糖類0はまあまあ糖が少ないくらいの認識で構いません。

今回知っていて欲しいことは、ダイエット中の人は糖質0を選ぶようにしてください、という事だけです。

せっかくの頑張りを無駄にはしないでください。